アヤナスクリーム成分

アヤナスクリームの成分は?

この記事ではアヤナスクリーム成分について解説しています。

 

 

ディセンシアのアヤナスは敏感肌の方に大変人気のある化粧品です。
そしてその中でもひときわ口コミ評価が高いのがクリームコンセントレート

 

「コスパ的にアヤナスをライン使いできないけど、クリームだけは使いたい」

 

という方も多いです。

 

 

そんなアヤナスクリームですが、成分はどんなものを使っているのでしょうか?

今回はアヤナスクリームの全成分を一つ一つ調べてみましたので参考にしてください。

 

アヤナスクリームの全成分

 

成分表(アヤナス:クリームコンセントレート)

 

シクロペンタシロキサン、水、ジグリセリン、グリセリン、BG、PEG−10ジメチコン、ジメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、ワセリン、水添ポリオレフィン(C6−12)、ステアリン酸スクロース、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸スクロース、アミノプロピルジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル−2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

 

これを見ただけではアヤナスクリームがどんな効果をもたらす化粧品なのか分かりませんね。
次は、アヤナスクリームの成分を一つずつ解説していきます。

 

 

アヤナスクリームの成分を一つずつ解説

シクロペンタシロキサン

シリコンオイルの一種。皮膚をコーティングして外部の刺激から守る目的で配合されています。

「シリコン」と聞くと良い印象がない方もいらっしゃるでしょうが、シリコンはアレルギー反応のない安全な成分。シクロペンタシロキサンに関しては分子が小さく揮発性もあるので、毛穴を詰まらせてしまうようなこともありません。

 

精製水。化粧品のベースとなる材料です。

 

ジグリセリン

保湿剤。2つのグリセリンを結合させた成分で、グリセリン単体よりもさらっとした使用感になります。

保湿効果はグリセリンとほぼ同じ。刺激はなく、安全な成分です。アトピーの方や敏感肌の方に向けた化粧品によく使われています。

 

グリセリン

保湿剤。肌に皮膜を作って水分の蒸発を防ぎます。とろっとした触感が特徴。

グリセリンは石油由来の化学合成グリセリンもありますが、アヤナスクリームではヤシの実由来の植物性グリセリンを採用しています。

 

BG

グリセリンとならんで化粧品にはよく使われる成分。保湿効果、抗菌効果を目的に配合されています。

正式名称は「1,3-ブチレングリコール」。無色透明の液体でとろみがあります。皮膚に対する刺激はなく、保湿効果が高いことで有名。

 

PEG-10ジメチコン

乳化剤。水分と油分が分離しないように、製品を安定させる目的で使われています。

PEG-10ジメチコンは合成ポリマーの一種になります。ポリマーに悪いイメージを持つ方も多いですがPEG-10ジメチコンは分子が大きいため皮膚には浸透せず、安全な成分です。皮膚への刺激もありません。

 

※乳化剤とは?・・・本来分離するはずの水分と油分を一つにまとめるための材料。

※合成ポリマーとは?・・・合成ポリマーとはかなり広い意味の言い方です。シリコンオイルや樹脂などシリコン素材、サランラップやナイロンなどビニール素材など全般を指します。化粧品に含まれていると皮膚呼吸を妨げるような悪いイメージが持たれがちですが、化粧品用の合成ポリマーは網目状になっているのでその心配はありません。

 

ジメチコン

肌を保護し、水分の蒸発を防ぐ目的で配合されています。

ジメチコンはシリコンオイルの中でも代表的なものの一つ。水分、油分のどちらにも強いため、安定した保湿効果が期待できます。肌に塗るとするりと滑らかな肌触りとなり、使用感が良いのが特徴です

 

リンゴ酸ジイソステアリル

皮膚を柔らかくする効果、肌を保護する効果が期待される成分です。

リンゴ酸とイソステアリルアルコールを結合させた成分で、とろりとした使用感でクリームのコクを生み出します。
また、肌へ密着する性質があるため化粧品として使うと肌なじみの良さを実感できるでしょう。

 

ジステアルジモニウムヘクトライト

粘土鉱物のヘクトラクトを原料とした増粘剤。クリームの固さや使用感を調整する意味があります。

ジステアルジモニウムヘクトライトは皮膚刺激性、アレルギー、毒性などにおいていずれも報告がありませんので、安全な成分です。

 

ワセリン

皮膚をコーティングし、水分の蒸発を防ぐ効果があります。

ワセリンは単体で販売されており、これだけでスキンケアを行っている方もいらっしゃいますね。皮膚刺激がなく、副作用の極めて少ない安全な成分です。

 

水添ポリオレフィン(C6−12)

合成ポリマーの一種。肌を柔らかくするほか、保湿効果もあります。

水添ポリオレフィンはスクワラン(サメ肝油由来で保湿性が高いオイル)とよく似た効果を示します。天然のスクワランではなくあえて水添ポリオレフィンを使う理由があり、それは水添ポリオレフィンは酸化すると単なる水になるため経年変化しても無害という点です。これにより防腐剤の量を減らせるメリットがあります。

 

ステアリン酸スクロース

界面活性剤の一種で、クリームの油分と水分を一つにまとめる目的で配合されています。

石油系合成界面活性剤と違って、ステアリン酸スクロースは動物性脂肪酸を原料とした低刺激の界面活性剤です。皮膚へのダメージ等はなく、安全な成分となります。

 

セラミド2

高い保湿効果を示す成分。人間の細胞に元々ある細胞間脂質と呼ばれるものです。

セラミドと一口に言っても植物性セラミドや合成セラミドなどいろいろあります。セラミド2は「ヒト型セラミド」ですので肌に最も馴染みやすく、効果の高いものの一つです。

 

※細胞間脂質・・・細胞と細胞のすき間を埋める物質。水分蒸発を防ぎ、肌のバリア機能を高める。

 

コウキエキス

抗酸化作用を持ち、肌糖化を抑えるはたらきがあります。アンチエイジング効果が期待できる成分。

くるみの一種で「黄杞葉(こうきよう)」という植物からとられたエキス。フラボノイドを含み、抗アレルギー作用があることから古く中国ではお茶の原料や漢方として使われています。

 

※肌糖化とは?・・・お米やパンなど糖質は体内でエネルギーとなりますが、余ってしまった糖質が肌のたんぱく質と結びついて劣化させ、たるみやくすみを引き起こす現象を肌糖化といいます。

 

オタネニンジンエキス

保湿効果、血行促進効果がある成分です。

「オタネニンジン」とはいわゆる朝鮮人参のこと。ディセンシアの公式サイトでは「ジンセンX」という名前で紹介されています。血行促進によりターンオーバーのサイクルを早める効果が期待できます。

 

※ターンオーバーとは?・・・細胞生成により新しい皮膚が作られ、古い肌から新しい肌へと生まれ変わること。

 

紅藻エキス

保湿成分。海藻由来のねばりで肌を保護する役割がある。

海藻由来の保湿成分としてはフコイダンが近年の流行ですが、アヤナスではより独自性のある紅藻(こうそう)を採用しています。紅藻は赤っぽい色をしており、でんぷんや油脂など美肌に有用な成分をふんだんに含んでいます。アヤナス公式サイトでは「パルマリン」という名前で紹介されています。

 

ビルベリー葉エキス

強い抗酸化作用を持ち、シワやたるみなどを防止するアンチエイジング効果が期待できます。

ビルベリーはブルーベリーの仲間で、北欧などの寒い地域に生息する植物です。白夜により一日中太陽に照らされる環境のため、紫外線から身を守るために多くのポリフェノールを持っているのが特徴です。ビルベリー葉の抗酸化作用はここからきています。

 

アルギン酸硫酸Na

増粘剤、保湿剤の目的で添加されています。

アルギン酸硫酸Naは昆布など海藻由来のぬめり成分です。食物繊維の一種。肌を保護し、水分の蒸発を防ぐ効果が期待できます。また、独特の粘りで製品の使用感を調整する意味もあります。

 

ローズマリーエキス

消炎作用、収れん作用があるため、肌荒れを防いで滑らかにする効果が期待できる成分です。

ローズマリーエキスは別名「マンネンロウエキス」とも呼ばれていますが、東洋、西洋を問わず食用、薬用と広く利用されています。近年の研究ではコラーゲンやセラミド生成のサポートをする働きが発見されています。

 

※収れん作用とは?・・・皮膚などたんぱく質を引き締めるはたらきのこと。収れん作用により肌のキメが整う、毛穴が目立たなくなるなどのメリットがあります。

 

ニオイテンジクアオイ水

フローラルな香りでリラクゼーション効果をもたらす。皮脂バランスを整える効果も期待できる。

ニオイテンジクアオイとは「ゼラニウム」のこと。アロマオイルでは人気があるため、聞いたことのある方も多いかもしれません。抗炎症、抗菌作用もあるためニキビ対策としてしばしば用いられる成分です。

 

ラベンダー花水

ラベンダーの花から抽出されたエキス。肌荒れを防止するはたらきがある。

ラベンダーエキスには渋み成分のタンニン(柿渋が有名)が含まれているため、抗菌効果や収れん作用があります。肌の状態を健康に保つのに有用な成分となります。

 

ポリHEMAグルコシド

合成ポリマーの一種。保湿効果の他、クリームの使用感を良くする目的で配合されています。

肌に膜を作ることで水分の蒸発を防ぐ効果が期待できます。肌への刺激は少なく、副作用の心配はありません。

 

フィトステロールズ

大豆由来の保湿成分。バリア機能を高める。

動物由来のコレステロール、植物由来のフィトステロールと考えると分かりやすいのではないでしょうか。肌に塗るとセラミドと同様に細胞間脂質としてのはたらきを持ち、高い保湿効果を示します。

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

動物性脂肪酸由来の界面活性剤。化粧品の成分を角質層の奥まで浸透させる効果が期待できます。

動物性脂肪酸が原料なので界面活性剤といえども刺激が少なく、安全な成分です。成分浸透の他にも肌荒れ防止や保湿の効果もあります。育毛剤にはよく配合される成分。

 

パルミチン酸スクロース

ヤシ由来の界面活性剤。安全性が高く、低刺激なのが特徴です。保湿、肌のキメを整える作用があります。

自然派石鹸などナチュラル系コスメにはよく用いられるパルミチン酸スクロースですが、高級なパームヤシから作られた脂肪酸を使っており、安全性の高さから食品添加物としても使われています。

 

アミノプロピルジメチコン

さらっとした使用感で、クリームの使用感調整の目的で配合されています。

シリコンオイルの一種ですが、網目状に皮膚をコーティングするため皮膚呼吸を妨げず、安全に肌を保護する効果も期待できます。シリコンは刺激が無いので肌への悪影響がない成分になります。

 

エチルヘキシルグリセリン

グリセリンと同様の保湿効果を示すほか、抗菌効果もある成分です。

エチルへキシルグリセリンはノンパラベンの化粧品によく配合される成分ですが、その抗菌効果の高さから化粧品の品質保持に役立つ成分です。

 

トコフェロール

ビタミンEのこと。抗酸化作用を持ち、アンチエイジング効果が期待できる成分です。

やや粘り気を持つ成分で、血流改善の作用もあることから肌の活性化、血色改善、くすみの防止など多くのメリットがあるのがトコフェロールです。ビタミンCやクエン酸との相性が良く、抗酸化作用に対して相乗効果を示します。

 

オレイン酸ポリグリセリル−2

乳化剤。水分と油分を一緒にしてクリームの品質を均一にする。

オリーブオイル由来のオレイン酸と、植物由来の天然糖質であるソルビトールを合成した成分です。

 

セタノール

セタノールは乳化剤の目的もありますが、肌を保護する効果、ツヤを与える効果も期待できる成分です。

こちらも動物性脂肪酸から作られた成分で、肌に塗ると品の良い光沢を与えます。クリームに添加することで白色になるので見栄えをよくする目的でも使用されます。

 

クエン酸Na

クエン酸

抗酸化作用のほか、クリームのpH値を調整します。

クリームにクエン酸を配合することで弱酸性に傾き、肌に優しいpH値へと傾かせます。また、穏やかなピーリング効果を示すため肌のターンオーバーをサポートする効果も期待できます。トコフェロールとの相乗効果でアンチエイジング効果も。

 

フェノキシエタノール

防腐効果、保湿効果がある成分です。

化粧品の防腐剤として有名なのはパラベンになりますが、パラベンは若干の刺激性が確認されています。そこでより肌へのダメージが少なくノンパラベン化粧品に広く採用されているのがフェノキシエタノールです。

 

 

まとめ

アヤナスクリームの成分について、疑問は解決されましたか?

 

こうしてみてみると、アヤナスクリームは自然成分に頼りすぎていないことが分かります。
天然エキスは肌に良さそうなイメージがありますが、意外にも肌への相性が分かれる、場合によってはアレルギーの心配もある成分なので、敏感肌用のアヤナスはそこまで積極的に使っていないのだと思われます。

 

それよりも敏感肌の方に使える製品ということで言えば、とにかく刺激を抑えて肌を保護するというのが前提と言えますので、必要に応じて合成成分も用いるアヤナスクリームは合理的でバランスの良い成分配合なのかなと思います。

 

とはいえ、化粧品は使ってみなければわからないというのが正直なところ。口コミで良いといわれている商品なのに自分は肌荒れしてしまった、ということは良くあります。

 

ですので、アヤナスクリームの効果や相性を確かめる意味でも最初はアヤナストライアルセットの使用をおすすめします。肌に合わない場合の返金制度もあるので金銭的なリスクがなく始められるのも大きなメリットとなります。

 

 

↓アヤナスクリームを試すならトライアルセットを↓